ROKKOR-PF 32mm F1.8 minolta repo-sのレンズ

一山いくらのジャンクを購入した際に入っていたミノルタのフィルムカメラrepo-sのレンズをαに移植。当初移植するつもりはなく、シャッターが切れない不具合を治すために分解していたところ、うまく組めばEマウントで使えそうだと気付き実行した。 想定よりフ…

みなとみらいの花火

α7SII + LA-EA3 + Sonnar 135mmF1.8 ZA ISO100 F5.6 6秒 これまで8月に開催していた花火大会の代わりだろうか。音が聞こえて外に出てみたら上がっていたのでとりあえず撮影。 手頃な望遠ズームがなかったのでAマウントの135mmを使用した。絞って撮影するので…

RX0 Cyber-shot

発表された時からおもしろそうなカメラだと思ってはいた。しかし、これといった用途も思いつかずこれまで購入することはなかった。が、6月から始まったキャッシュバックにつられて購入した。 RX100と比較するとかなり小さいことが分かると思う。 厚みはやや…

FE55mmF1.8ZA SEL55F18Z Sonnar

FEマウントで最初に発売された標準レンズ。Carl Zeissの名を冠した高級シリーズでもある。今でこそ廉価版の50mmF1.8が用意されているが発売当初は他に選択肢がなかったため、最初の標準レンズを高価格帯のツァイスで出してきたソニーに異を唱える人も多かっ…

Touit 32mm F1.8をフルサイズで使うと

α7RII + Touit1.8/32 ISO100 F1.8 1/125 α7RIIに装着して絞り開放で近接撮影した場合のケラレ具合はこの程度。ケラレ具合は絞り値やピントの位置によって変わる。 α7RII + Touit1.8/32 ISO100 F1.8 1/320 ピント位置が遠くなるとケラレも大きくなる。ここま…

Zeiss-Opton Sonnar 50mm F1.5

ドイツが東西に分裂していた頃の西側カールツァイス製ゾナー。このレンズの銘板にはZeiss-Optonと刻まれているが、これは西ドイツツァイスがCarl Zeissを名乗る前の社名(Zeiss-Opton Optische Werke Oberkochen GmbH)。個人的にはZeiss-Opton銘の方がCarl …

DMC-LX1

今は昔、2005年発売のクラシックデジカメ。きれいな中古があったので購入した。LXは高級機なので今も人気があり、この年代のデジカメとしてはそこそこ高い値段がついている。しっかりした金属ボディでデザインも小洒落た感があり眺めているだけでも楽しい。 …

XC16-50 I型とII型 最短撮影距離の比較

旧型と新型で最短撮影距離が15cm短くなっているが実際の写真ではどのくらい違うのだろう。両者の最短撮影距離で撮影して比較してみた。 X-A3 + XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II(新型) ISO200 16mm F3.5 1/10 X-A3 + XC16-50mmF3.5-5.6 OIS (旧型) ISO200 16mm …

広角レンズで大は小をかねるか?

コシナフォクトレンダーの超広角シリーズ、左から15mm、12mm、10mm。3つ揃える人はあまりいないと思う。買うとしてもどれか一つだろう。で、どれを買うか決めるとき結構悩むと思う。「あんまり広すぎても使いづらいから15mmが無難かな」「でもせっかくだから…

XC16-50 I型とII型の比較

旧型と新型の違いは最短撮影距離が30cmから15cmになっていること(どれくらい違うか知りたい方はこちらへ、XC16-50 I型とII型 最短撮影距離の比較 - fortia’s カメラレビュー)。それ以外はスペック上では特に差がない。個人的には標準ズームレンズにそこま…

FE35mmF1.4 T* 夜景 Distagon SEL35F14Z

開放から使える大口径レンズを高感度に強いα7RIIにつければ夜の街でも昼間のように撮影できる。 α7RII + SEL35F14Z ISO100 F1.4 1/30 α7RII + SEL35F14Z ISO100 F1.4 1/80 撮影データとしてはISO100だがLightroomでRAW現像時にかなり増感している。このカメ…

Silvi F2.8 FUJIFILM シルヴィ

広角端24mmからの約2倍のズームレンズを搭載したフィルムカメラ。 2002年11月発売。限定のブラックは2003年9月発売。2007年5月に出荷終了。 28mmスタートはよくあるが24mmは珍しい。28mmと24mmは数字だけ見るとあまり変わらないような気がしてしまうが、実際…

猫の喧嘩 SAL75300

α7RII + LA-EA4 + SAL75300 ISO400 280mm F5.6 1/125秒 α7RIIにSAL75300を付けていた時に遭遇した猫の喧嘩。望遠レンズ向きの状況だ。 α7RII + LA-EA4 + SAL75300 ISO640 135mm F5.6 1/125秒 右の猫が少しずつ間合いを詰めている。鳴き声が大きく鋭かった。 …

SAL75300 75-300mm F4.5-5.6

スペック的には平凡な望遠ズームなのであまり期待しないで手にしたが、意外にもしっかりした造りで驚く。このクラスのレンズは軽くて華奢なイメージが強いので良い意味で期待を裏切られた。 造りに見合った重さはあるものの取り扱いやすい大きさなので積極的…

月食2018

曇りの予報だったものの空を覗いみてたらそこそこ晴れていたので撮ってみた。これは23時10分頃。皆既食の終わり。 α7RII + APO150-500mmF5-6.3DG OS HSM ISO1600 500mm F8.0 1/5秒 トリミング この時はわずかに雲が掛かっていた。月の白い光がフレアのように…

XF14mmF2.8 R FUJINON

35mm判換算21mm相当画角の広角レンズ。ビオゴンやスーパーアンギュロンで有名な焦点距離。このレンズもそうだがシグマのDP0も含め、個人的には名レンズばかりの印象が強い。 ビオゴンなどのレンジファインダー用のレンズは全長が短く小さいが、このレンズは…

CONTAX TVS

京セラによる大文字CONTAXブランドのフィルムカメラ。少し黄色味を帯びたチタン外装のボディに高級感が漂う。レンズはCarl ZeissブランドVario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5の2倍ズーム。ISO50フィルムの使用を考えると望遠側の明るさが物足りないが、薄暗い場所…

XF27mm F2.8 FUJINON

いわゆるパンケーキレンズ。小さくて軽い。 14mmF2.8や35mmF1.4のような重厚感はないがそれらより扱いやすい。ただ私がフジのカメラを持ち出すときは14mmや35mmが多い。せっかくフジを使うならやはり名高いレンズ群で、と思ってしまうので。 とはいえ、この…

α7II 7RII 7SII α9 4機種画質比較

これら4機種に画質の差はどのくらいあるだろうか。画素数が違うので比較しようのない側面もあるかと思うが、高感度ノイズや周辺描写の差など比べられる所もあると思う。またα9と7IIは同画素数なのでこの2機種に関してはより比較しやすいだろう。 結果を先…

α9 α7RII α7SII 高感度ノイズ比較

α9 α7RII α7SIIの高感度ノイズ比較の続き。レンズはFE50mmF2.8Macro、露出は三機種ともに統一して撮影。圧縮RAWファイルをLightroomにて現像。現像の際「ノイズ軽減」は輝度、カラーともにゼロにした。 (下記画像はクリックするだけだと縮小表示されたまま…

α9 α7RII α7SII 高感度 ISO 25600での比較

FE50mmF2.8 Macro F7.1 1/80(α7SIIのみ1/100)ISO 25600 三機種にSEL50M28を付けて撮影した結果を比較。圧縮RAWで撮影後Lightroomにて現像。「ノイズ軽減」は輝度、カラーともにゼロにして現像。その他の現像パラメータもすべて統一して現像した。 上記比較…

α9で猫

α9 + FE85mmF1.8 ISO 160 F2.0 1/1000 AFが速いので快適に撮れる。と言ってもこういう動きの少ない猫はα7Sでも結構快適に撮影できていたのでα9だからこそというわけでもないが。ちなみにこの猫の瞳に殺意がこもっているのは私が彼の昼寝を邪魔したからだと思…

α9 低感度 ISO100-800におけるα7RII、α7SIIとの比較

高感度比較の記事と同じくα9、α7RII、α7SIIの三機種で比較。左からISO100、400、800。レンズはFE55mmF1.8。圧縮RAWで撮影、ソニーのImage Data Converter (IDC)を使用しての現像処理。いずれもノイズリダクションはオフにして現像。 写真中央部をピクセル等…

α9 α7RII α7SII 高感度 ISO6400での比較

α9、α7RII、α7SIIの三機種で比較。ISO6400、レンズはFE55mmF1.8。圧縮RAWで撮影、ソニーのImage Data Converter (IDC)を使用しての現像処理。上段はIDCのノイズリダクションをオート設定にして現像、下段はオフにして現像した結果。 写真中央部をピクセル等…

α9 α7RII α7SII 高感度 ISO1600での比較

α9、α7RII、α7SIIの三機種で比較。レンズはFE55mmF1.8ZA。写真中央部分をピクセル等倍で切り出した。こうやって比べてみるとα9はクリアに見える。しかし、このテストではシャッター速度を揃えないで撮ってしまったため、露光に差が生じてしまっている。その…

α9 高感度

α9が届いたのでとりあえずテスト撮影してみた。写真はすべて圧縮RAWで撮影し、SONYのIDCで現像処理している。 α9 + FE55mmF1.8ZA F4 ISO1600 α9 + FE55mmF1.8ZA F4 ISO1600 NR_OFF 等倍切り出し ノイズリダクションをオフにして現像した写真の中央部をピクセ…

SEL85F18 FE 85mm F1.8 作例

ソニーストアで購入。一週間くらい前に注文し、在庫も問題ないようだから発売日に届くだろうと思っていたら配送業者のところでつまづき一日遅れでの入手。 長さ82mm、重さ370gと扱いやすいサイズ。 フードを付けてもこの程度。 とりあえず開放で遠景の解像チ…

FE 28mm F2 SEL28F20 SONY

α7S + FE28mmF2 F2.2 1/60 ISO640 当時まだ高額なレンズしかなかったFEマウントに突如救世主のように現れた廉価版レンズ。だったような記憶があるが、改めて価格を見ると5万円近いので間違っても廉価版ではない。当時はツァイスブランドの55mmF1.8が9万、35m…

Distagon T* FE 35mmF1.4ZAとSigma35mmF1.4Artの比較

同じスペックなのでどちらにするか迷う人も多いだろう。 とりあえず大きさ比較。シグマレンズはLA-EA3経由で装着。 シグマの方が少し長い。重さはシグマがアダプター込みで770gに対し、ソニーが630gと大分軽いようだが、どちらも長く扱いづらいので実際に使…

Carl Zeiss Jena Sonnar 5cm F2 pre-war

α7にソニーのゾナーではなくカールツァイスのゾナーを装着。戦前に製造されていた沈胴タイプの50mmF2。沈胴させると次のようになる。 シリアルナンバーから1937年に製造されたものと思われる。このタイプはまだレンズにコーティングが施されていない。 レン…