読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEL50F18FとSEL55F18Zの比較 周辺解像力の差

FE50mmF1.8とSonnar55mmF1.8の比較

キャッシュバックキャンペーンが始まったこともあり先日、FE50mmF1.8を入手したので、ゾナー55mmと比べてみたい。

私の場合55mmF1.8を入手した時は他に選択肢がなかったので、その価格に躊躇しながらも購入したが、今は安価なFE50mmF1.8が登場したのでどちらを購入すべきか迷う人もいると思う。

FE50mmを使ってみるまでは「はじめからこれ出してくれればなあ」と思っていたが、実際にテストし、絞り開放での描写を比較してみると「ソニーさん、なかなか悩ましい選択肢を用意してくれましたね……」という印象に。

FE50mmもとても良いのだが、比べてみるとゾナーの優秀さが際立つため、まあこの価格差も仕方ないかなと思わされてしまう。

f:id:fortia:20161101225807j:plain
α7RII + FE50mmF1.8  F1.8  ISO100 1/8000

f:id:fortia:20161101235226j:plain
α7RII + Sonnar 55mmF1.8  F1.8  ISO100 1/8000

中央部と左端をピクセル等倍で切り出してみる。まずは中央部。上が50mmで下が55mm。

f:id:fortia:20161101231228j:plain

f:id:fortia:20161101231312j:plain

中央部は特に変わりない。両方とも何の問題もなくすっきり写っている。

次に左端。同じく上が50mmで下が55mm。

f:id:fortia:20161101231710j:plain

f:id:fortia:20161101231723j:plain

 画角の差があるので多少写っている範囲が違うが、解像力の差は一目瞭然。

ゾナー55mmは開放でも隅々までしっかり写る。それに比べてFE50は中央は十分ではあるものの隅がやや甘くなる。この甘さはF5くらいまで絞ると改善しFE55の描写に近づく。

このように周辺の解像力に差があるのは間違いないが、この差はあくまで4200万画素の等倍切り出しの結果である。α7sで比較したら違いに気づかないかもしれない。