HD PENTAX-DA 21mmF3.2 ED AL Limited をK-1で使う

f:id:fortia:20190604215451j:plain

APS-C用のレンズであるDA21mmをK1に装着。見た目はなかなか良い。

実際の撮影結果は、

f:id:fortia:20190604223736j:plain

↑絞り開放F3.2でピント無限遠

f:id:fortia:20190604223837j:plain

↑絞りF10、無限遠

f:id:fortia:20190604224039j:plain

↑絞りF3.2でピント最短

f:id:fortia:20190604223900j:plain

↑F10、ピント最短

イメージサークルは十分に広い。

 

f:id:fortia:20190604224436j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/400

 

f:id:fortia:20190604225138j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO100    F3.2   1/80

 

f:id:fortia:20190604225424j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO800    F3.2   1/80

 

f:id:fortia:20190604225536j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F8.0   1/80

 

f:id:fortia:20190604225659j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/500

 

f:id:fortia:20190604231533j:plain

K-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/640

 

f:id:fortia:20190604225830j:plain

K-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/800

21mmというとフルサイズで言えば超広角レンズなのでボケを利用しづらいイメージがあるが、寄ればボケるしボケ方も滑らかで良い。APS-Cでは換算32mmの準標準レンズだから、設計時にボケの良し悪しも考慮されていたのだろう。

f:id:fortia:20190604230551j:plainK-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/400

この写真の撮影時はフードを外し忘れていたので、ケラレが大きくなってしまっている。

f:id:fortia:20190604231727j:plain

当然ながらこのフードはAPS-Cカメラ用に作られているので、K-1で使用する場合は外した方が良い。

f:id:fortia:20190605100851j:plain 

K-1 + HD DA21mmF3.2       ISO200    F3.2   1/640

これもフード外し忘れ。

 

f:id:fortia:20190604222146j:plain

APS-Cセンサーの*istDSに装着。これが本来あるべき姿。