Carl Zeiss Jena Sonnar 1:4 f=13.5cm ブラックニッケル

数年前に入手した望遠ゾナー。135mmは人気がないためブラックニッケルでも比較的安く手に入れられる。

この個体はfeet表記。

↓mタイプも所有している。こちらは少し曇りがあるので撮影にはfeet表記個体を使用した。

コンタックスレンズは内爪と外爪の2タイプあり135mmゾナーは外爪タイプ。外爪タイプのレンズは外爪専用のアダプターを利用した方が良い。内爪も装着できるアダプターに外爪レンズを付けると外れなくなる可能性がある。

この外爪アダプターは以前ebayで購入した。内外両用アダプターよりずっと安価であった。今も売っているかどうかは分からない。軽く検索してみた感じでは見当たらなかった。

 

ここからはα7R2に装着して撮影した写真を掲載していく。

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/1250

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/1250

中央部拡大

中央部切り出し

右下隅拡大

右下隅切り出し

開放から全域均一によく写る。

ブラックニッケルゾナーでアジサイ

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO250, F4, 1/250

オールドレンズに対して抱く期待に反して、最近のレンズと同じようなくっきりとした写りを見せてくれた。

中央部拡大

中央部拡大

ルドベキア プレーリーサン

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/125

中央部拡大

中央部拡大

現代レンズと変わらないな。

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/320

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/320

中央部切り出し

中央部切り出し

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO640, F4, 1/250

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO640, F4, 1/250

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO2000, F8, 1/250

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO2000, F8, 1/250

同じ場面で絞った場合と比べてみると、やはり開放では少しふわっとした写りになるのが分かる。ボケは特に癖もなく良い。

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/400

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/400

中央部切り出し

中央部切り出し

順光ではコントラストが高く鮮やかな写り。しかしピント面がカリカリに解像しているわけでもないのが興味深い。

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/125

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/125

中央部切り出し

中央部切り出し

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/4000

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F4, 1/4000

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F16, 1/250

α7R2 + Sonnar13.5cmF4,  ISO100, F16, 1/250

いずれフィルムカメラでも試してみるつもり。