α7SII修理 カメラエラー

広島旅行中にα7SIIが故障した。

旅行初日から兆候はあった。電源投入時にカメラ内部でコトンと何かが落ちる音がしていた。手ぶれ補正ユニットの動作音だと思って気に留めなかったが今思えば故障の前兆だった。

先日アップした日銀の写真を撮っている最中「カメラエラー」が表示されるようになった。電源オンの数秒後に表示され、表示後はカメラが一切の操作を受け付けなくなった。

一旦電源を切ってから入れ直すと復帰するが数秒後にやはりエラー。

エラーが表示されるまでの数秒間は操作できたので、この間にメニューに潜って手ぶれ補正機能をオフにすると回避できた。電源を切ってしまうとまた元に戻ってしまうが電源を切らない限りは撮影もできたので、旅行中は騙し騙し使い続けた。

帰ってきてから修理に出した。ソニーの対応は早く、送った三日後には修理されて戻ってきた。「手ぶれ補正の制御不具合によるカメラエラー」とのことで部品が交換されてきた。

f:id:fortia:20200524192028j:plain

料金は税込28,600円。安くはないが分解してこんな大層なパーツを入れ替えてるわけだし妥当なところだろう。

f:id:fortia:20200524192048j:plain

このカメラは2016年に新品購入したもので、撮影枚数は三年間で6,000枚くらい。動画はほぼ撮っていない。手ぶれ補正は常にオンで、メカシャッターは使わず電子シャッターのみ。

使用頻度は高くないので私としては「結構早く故障したな」という印象。

所有しているα sweet digitalやdimage a1も手ぶれ補正機能がやられているので、ボディ内蔵手ぶれ補正にそれなりの故障リスクがあることは承知していたが、狙いすましたかのように旅行中に故障されたのでちょっとショック。

まあこういうこともあるので大切な撮影機会にはカメラは複数持っていくべきですね。

日本銀行旧広島支店

A7SII + Heliar10mmF5.6, 1/30, ISO250

被曝建造物として知られる日銀旧広島支店。広島旅行にはSEL35F14ZとコシナのHeliar10mmしか持って行かなかったので、ここに載せる写真もすべてこの二つのレンズによるもの。

A7SII+Heliar10mmF5.6,  1/30  1600

内部は無料で見学できる。

A7SII+Heliar10mmF5.6,  1/30  500

爆心地から400mほどの距離にもかかわらず堅牢な鉄筋コンクリ造のため崩壊を免れた建物。崩壊はしなかったが爆風による内部の被害は甚大で犠牲者も多数。被曝2日後から業務を再開したらしいが、天窓が爆風で破損していて雨の日は傘を差しながらの仕事になったそうだ。

現在の状態でも絢爛豪華な空間だが、1936年に撮影された写真(下左)を見ると柱の頭には複雑な装飾が施されていて現状よりも一層華美だったことが窺える。その柱頭の装飾は被曝で吹き飛んだようである(下右)。

f:id:fortia:20200517000311j:plain

_DSC7272-2

当時の写真を見ると窓口も吹き飛んでいる。これは修復されたものだと思うが1936年の写真に写るものとはデザインがやや異なる。

A7SII + Heliar10mmF5.6, 1/30, ISO640

雰囲気のあるドア。これは10mmレンズで撮影している。平面的な被写体に対し撮像面が平行になるよう注意して撮れば超広角レンズでも遠近感のない写真にできる。

A7SII + Heliar10mmF5.6

防犯力高そうな窓。

A9 + SEL35F14Z

↑これは35mmレンズで撮った。

A7SII + Heliar10mmF5.6

10mmレンズはこういう風に角度を付けて撮ると途端に広角レンズ感が強くなる。  

A7SII + Heliar10mmF5.6, 1/30, ISO2000

一歩も下がれないような場所では大変重宝する。

A7SII + Heliar10mmF5.6, 1/30,  ISO500

くすんだ壁に経過した年月を感じる。しかし何度も修復を重ねているようなので被曝時の壁がそのまま残っているわけではない。

A7SII + Heliar10mmF5.6

A9 + SEL35F14Z

↑これは35mmレンズ。

A9 + SEL35F14Z,  ƒ/1.4, 1/125,  ISO200

A9 + SEL35F14Z

この金具の形と色合いが良い。

A9 + SEL35F14Z,  ƒ/2.8, 1/125,  ISO2500

A7SII+Heliar10mmF5.6,  1/30  500  

A9 + SEL35F14Z,  ƒ/1.4,  1/400,  ISO100

訪れたのは日曜日だったが、入館者は私以外に数人見かけた程度だった。

建物内の撮影ではヘリアー10mmがとても有用だった。

fortia.hatenablog.com

曇天の鞆の浦

どこにも行けない連休中、せめて旅行した気分に浸れるよう半年前に広島へ行った時の写真を載せたい。以前上げた夜の鞆の浦の続きになる。

↑これを撮影した翌朝もまた鞆の浦に行った。前夜は晴れていたがこの日は残念ながら曇っていた。

A7SII + Heliar10mmF5.6α7SII + Heliar Hyper Wide 10mmF5.6

曇りには曇りの日なりの良さがあるが、こういう風景はやはり青空の時に撮りたかった。

A9+SEL35F14Z

こんな日は猫を撮るに限る。 

A9+SEL35F14Z

人馴れした猫はしゃがむと近寄ってくる。

A9+SEL35F14Z

近すぎ。

A9+SEL35F14Z

A9+SEL35F14Z

f:id:fortia:20200503174214j:plain

A9+SEL35F14Z

A7SII + Heliar10mmF5.6

昔の家並みが残されていてとても良いですね。α7SIIに10mmF5.6を付けて撮影。

A7SII + Heliar10mmF5.6

10mmレンズは狭い路地でもこのように建物全体を撮影できるが、上に向けると強烈なパースに見舞われ、いかにも広角レンズという写真になってしまう。

f:id:fortia:20200503213053j:plain

車一台しか通れないような細い路地で建物全体を収めようとするのが土台無理な話ではある。

A9+SEL35F14Z

前の日の夜に黒猫を撮影した場所。ここなら食の心配はなさそう。

f:id:fortia:20200503211434j:plain

今はもう営業していないホテル。

f:id:fortia:20200503211616j:plain

鞆の浦には整備されずに時が止まったように取り残されている場所がいくつかあって、それがまた趣を感じさせる。これはよくわからんが。

f:id:fortia:20200503212050j:plain

仙酔島に行く船。

A9+SEL35F14Z

とりあえず行ってみたが、時間がないので散策することなくそのまま戻って来た。

A9+SEL35F14Z

この後、バスで松永駅に向かった。海沿いを走るバスからの眺めを楽しみにしていたが、空は暗くなるばかりだった。

f:id:fortia:20200503204433j:plain

曇天の海は色がなくて少し寂しい。晴れた日は良い眺めになりそう。

次は竹原に向かった。

DP3 quattroとmerrill

今日は見晴らしが大変良かったのでDP3 quattroで撮影してみた。こういう遠くまでよく見える日はフォビオンを使いたくなる。

f:id:fortia:20200419145205j:plain

中央部等倍↓

f:id:fortia:20200419145223j:plain
細密描写を求めるならフォビオン。一昔前は本当に突出していた。

 

ついでにメリルでも撮影。

f:id:fortia:20200419131109j:plain

中央部等倍↓

f:id:fortia:20200419131143j:plain

素数が違うので比較は難しいがどうだろう。

ベイヤーとの比較としてα7RIIにSEL55210の75mm近辺で撮影した写真から同箇所を切り出し半分程度に縮小した画像を載せる。手近に同画角になるレンズがなかったのでAPS-C用の廉価ズームレンズを使用してしまった。

f:id:fortia:20200419171725j:plain

中央部ならそんなに画質落ちないだろうと思って55210を使ってしまったのだが撮影結果を見ると結構大きな違いになってしまった。これはいくらなんでも眠すぎなので、おそらくレンズ性能が足りていないのだと思う。

フォビオンとベイヤーの比較はまた別の機会に行いたい。

 

f:id:fortia:20200419133150j:plain先週、日本大通りの郵便局に行った際にDP3クワトロで撮影したチューリップ。通り全体が花で彩られていた。

せっかくの花の季節に外出自粛は残念ですね。

f:id:fortia:20200419150416j:plain

 

SIGMA デジタルカメラ dp3Quattro FoveonX3 931179

SIGMA デジタルカメラ dp3Quattro FoveonX3 931179

  • 発売日: 2015/03/12
  • メディア: エレクトロニクス
 

Carl Zeiss Jena Sonnar 1:1.5 f=5cm Black

f:id:fortia:20200306224853j:plain

1929年に生まれたハイスピードレンズ。 製造開始は1932年、この個体はシリアルナンバーから1933年の製造と思われる。

f:id:fortia:20200306231820j:plain

大きな前玉である。レンズ構成は3群7枚。レンズコーティングのない時代には反射面の少ないこの構成が有利だったそうで、当時としては驚異的な性能、明るさだったらしい。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9e/Sonnar.pngWikipediaより

試作品として焦点距離5.8cmのF1.5ゾナーもあったようだ。クッツ著『コンタックスのすべて』に写真が載っているContax用のレンズであり、検索すると見つかるLマウントのものとは違う)

その5.8cmゾナーのシリアルナンバーは1459655。下記リンク先などにある一覧表には含まれない番号である。1456003までが1933年で1500474から1934年だから順序を考えると1933年の製造だろうか。

Carl Zeiss serial numbers - Camera-wiki.org - The free camera encyclopedia

5.8cmゾナー、果たして現存しているのだろうか。市場に出てきたら大変な値段が付きそうである。どんな写りになるのか是非使ってみたいのでコシナが復刻してくれることを願う。

f:id:fortia:20200306233944j:plain

5cmF1.5ゾナーの話に戻る。当時このレンズは大変高価で、テッサー5cmF3.5付きのブラックコンタックスと同じ値段だったそうだ。最近はデジカメの高感度性能が高くなっているのでレンズの明るさはそれほど要求されなくなっている(と個人的には思う)が、フィルム感度が低かった時代にはこの明るさが大きな価値を持っていたのだろう。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/8000F値の小さな明るいレンズは動体を止める高速シャッターを可能にする。1930年代当時もブレない写真を撮るためにこのレンズが求められたのだろう。

f:id:fortia:20200306224923j:plain

中古市場に出回る戦前ゾナーは銀色のクロームメッキタイプが多いが、これはブラックコンタックス用に作られたレンズなのでニッケルメッキに黒塗装仕上げとなっている。

f:id:fortia:20200306231517j:plain

ブラックニッケルのレンズは出回る数が少ない上に状態の良くないものが多い。また5cmでもF2のゾナーはそこそこ見かけるが1.5はあまり見ない。レアなので価格も高騰しているかと思いきや、カールツァイスはライカほどの人気はないようで法外な値段にはならない。このレンズも動作未確認のきれいなブラックコンタックスとセットで6、7万で落札できたコンタックスの方は壊れていた…)

それでは撮影例を。ここに掲載する撮影例はすべてα7RIIで撮影したものである。フィルムカメラで撮影した写真も別の機会に掲載したいと思う。

f:id:fortia:20200329113400j:plain

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F2.8, 1/1000ゾナー型の欠点として指摘される糸巻き型の歪曲収差が見られる。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/2500光の具合が良いと現代レンズのようにコントラストの高い写りになる。絞り開放で撮影。中央部をピクセル等倍で切り出すと…

f:id:fortia:20200307113314j:plain
4,000万画素の等倍だから、これでも十分だろう。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/1600フィルムカメラContaxではここまで接近した撮影はできない。繰り出しのストッパーを外したマウントアダプターを利用したからここまで寄れた。本来の最短撮影距離より近づいても絵は破綻しない。

f:id:fortia:20200328172107j:plain

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F2.8, 1/250
↑これも本来の最短距離より接近しての撮影。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F2, 1/1250↑F2での撮影。周辺の描写が若干怪しいものの、流れたりしないので粗はそれほど目立たずに済む。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F5.6, 1/250F5.6まで絞って撮影。オールドレンズとは思えないほど濃厚な色合い。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/250絞り開放での撮影。前ボケも後ボケも滑らか。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/250

f:id:fortia:20200329102202j:plain

順光の場面では本当によく写り、現代のレンズと遜色ないなと感心する。

しかし光が弱い場所では昔のレンズによくあるコントラストの低い描写になることも。A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/500

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/500

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F2.8, 1/640

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/40

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F1.5, 1/1600 逆光でフレアが生じている。それでも昔のレンズにしてはがんばってくれている方だと思う。

A7RII+Sonnar5cmF1.5, ISO100, F2, 1/1600

f:id:fortia:20200329101151j:plain

f:id:fortia:20200329101207j:plain
曇天だとオールドレンズらしい写りに。逆に言えば現代のレンズは光の条件が悪くても高コントラストになるからすごい。

f:id:fortia:20200329114623j:plain

細かく見ればもちろん現代レンズとの性能差は大きいが、この小ささでこれだけの写りを見せてくれると、標準レンズはこれで十分なんじゃないかと思ってしまう。光学的な面に限れば単焦点標準レンズは90年前の時点ですでに完成していたのかもしれない。

f:id:fortia:20200306224654j:plain
私が入手した個体はカビや曇りもなく斑状のコバ落ち以外これと言った問題のないものだったので撮影結果も良好だったと思う。オールドレンズは曇っている個体が多く、たとえ同じF1.5ゾナーを入手したとしても同様の撮影結果は得られないかもしれないことご留意ください。

FE20mm F1.8G 作例 サンプル

f:id:fortia:20200313191518j:plain

想像していたより小さく軽い。これは気軽に持ち出せそう。

f:id:fortia:20200313191637j:plain

一眼レフ用の同スペックレンズ(アダプター付)と比較するとこうも違う。フィルター径は67mmと82mm。

小さいけど写りは抜群。

f:id:fortia:20200313194318j:plain

↓中央部ピクセル等倍切り出し。

f:id:fortia:20200313193439j:plain

↓右端切り出し。

f:id:fortia:20200313193449j:plain

最近では当たり前になりつつあるが、開放から十分使える。しかも四隅も崩れないので驚いた。

参考までに昔のレンズの例も載せておく。一眼レフ用の同スペックレンズ。

f:id:fortia:20200313202005j:plain
f:id:fortia:20200313193424j:plain

f:id:fortia:20200313193541j:plain

まあ昔のレンズなので。

歪曲 Distortion

ISO100_F1.8_1:1600

四隅を見ると若干糸巻き型に歪んでいる。ソフトウェア補正は入っていない状態。

ISO800_F8_1:250

ISO100_F4_1:500

補正なしでも実用上問題ない。歪曲ゼロが必要な場合はDP0XF14mmF2.8Rをお使いください。

ISO100_F1.8_1:400開放だと周辺減光が少しある。

ISO100_F1.8_1:800_

周辺減光があると中央が強調されるので、うまく利用したい。

ボケ Bokeh 

ISO100_F1.8_1:500

ボケは素直で良い。広角レンズを使っていることを忘れそうになる。

f:id:fortia:20200313220452j:plain

丸ボケの中に年輪はなくきれい。

ISO100_F1.8_1:500_2

ISO100_F1.8_1:800_3

ISO160_F3.2_1:250

ISO100_F1.8_1:2000+.7

ISO100_F1.8_1:800

逆光にも強い。

ISO100_F1.8_1:640

絞り開放で撮影したものだが中央付近を切り出すと

f:id:fortia:20200313221608j:plain

怖いくらいのキレ。

ISO640_F9_1:250

逆光には強いが場合によってはゴーストが出ることもある(写真右下部)。フレアでコントラストが低下するようなことはなかった。なおこの撮影中ずっとフードは付けていない。

夜景 Night view

f:id:fortia:20200313232546j:plain

f:id:fortia:20200313232723j:plain

f:id:fortia:20200313232732j:plain

F2.8まで絞ると、

f:id:fortia:20200313232758j:plain

f:id:fortia:20200313232821j:plain

f:id:fortia:20200313223936j:plain

f:id:fortia:20200313223549j:plain

f:id:fortia:20200313223600j:plain

f:id:fortia:20200313223608j:plain

F2.8まで絞ると、

f:id:fortia:20200313224134j:plain

f:id:fortia:20200313224151j:plain

f:id:fortia:20200313224205j:plain

F4では、

f:id:fortia:20200313224440j:plain

f:id:fortia:20200313224453j:plain

f:id:fortia:20200313224502j:plain

4,000万画素のピクセル等倍切り出しなので収差が大きいように見えてしまうかもしれないが実際にはそんなに気にならないんじゃないかと思う。星撮る方々の評価はもっとシビアだろうか。

猫 Neko

広角レンズなので猫は難しい。

ISO160_F1.8_1:250

かなり離れた位置から撮影したように見えるかもしれないが、実は手を伸ばせば触れるくらいの距離まで接近している。この後もう一歩距離を詰めたら逃げられてしまった。

f:id:fortia:20200313234734j:plain

解像力は高いのでトリミング前提で撮影するといいかもしれない。

ISO100_F1.8_1:640_2

ISO100_F1.8_1:500_3

f:id:fortia:20200313235039j:plain

襲われそう。

ISO100_F1.8_1:640_+.5

標準レンズや望遠レンズで撮影するのとは一味違う猫写真が撮れる。接近できれば。

 

ISO100_F1.8_1:2000+.9

ISO100_F1.8_1:800_2

ISO250_F4.0_1:250

Fujifilm X70

富士フイルムがX100(シリーズ)の姉妹機として発売したデジカメ。X100が35mm相当の画角であるのに対し、こちらは28mm相当の広角レンズ。両者ともAPS-Cセンサー搭載。

X70 18.5mm ISO200 F2.8 1/680

APS-Cなので広角レンズでも結構ボケる。

f:id:fortia:20191101231345j:plain

デザインが良い。昔のフィルムカメラっぽさを感じさせながらクラシックに寄せ過ぎていないところが気に入っている。

X70 18.5mm ISO500 F5.6 1/60

歪曲は感じない。Lightroomで見ると周辺光量補正の内蔵プロファイルが適用されていると表示されるが歪曲補正の記述はない。おそらくこれがレンズの素の性能だろう。と書いて不安になってきたので調べてみたところ製品特長できちんとアピールされていた。

以下富士フイルムホームページより抜粋

"2枚の非球面レンズを活用した高精度な光学設計により、歪曲収差を限りなくゼロに近づけています。画像処理による歪曲収差補正を一切行わずに美しい画像を生み出します"

https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1036.html

最近はソフトウェアによる補正が当たり前になってきたので歪曲収差の少ない広角レンズというのは今後貴重になっていくかもしれない。

X70 18.5mm ISO320 F2.8 1/60

X70 18.5mm ISO200 F5.6 1/680

X70 18.5mm ISO200 F5.6 1/680

横浜関内のどこかの小径にあったお店。

X70 18.5mm ISO200 F4.5 1/300  

X70 18.5mm ISO200 F4.5 1/300

X70  ISO200 F2.8 1/900

結構寄れる。

DSCF9100

X70 18.5mm ISO200 F3.6 1/250

f:id:fortia:20200229174944j:plain

基本的にRAWでしか撮らないが、↑これはフィルムシミュレーションを試してみたくてJPG設定で撮影したもの。確かベルビアだったと思う。

DSCF9117

2019年に帆船日本丸のドックが水抜きしていた時の様子。たまたま通りかかりさっと撮影。レンズ繰り出しがなく電源オンからすぐに撮影できるのでメモ的な撮影にも適している。

 

X70には画角を21mm相当にするワイドコンバージョンレンズが用意されている。

このワイコン、素のままだとかなり歪曲があるが設定によりソフトウェアによる補正がかかるようになる。

設定前

f:id:fortia:20200229194934j:plain

設定後

f:id:fortia:20200229194949j:plain

十分補正されているのではないかと思う。

f:id:fortia:20200229172637j:plain

X70 14mm ISO400 F8.0 1/600

f:id:fortia:20200229220635j:plain

21mmのカメラとして十分使えると思う。しかしこれを付けるともはや小型軽量ではなくなってしまうので、総合的に考えるとなかなか難しい。簡単に着脱できるならいいが、ねじ込みなので少し時間がかかってしまうし、歪曲補正を有効にするのにメニューに潜って設定をオンにしなければならないので、正直まあ面倒くさいなという印象。

f:id:fortia:20200229232652j:plain

見た目と手に持った感じはとても良い。